クラヴィアシューレ通信

らくらくピアノが弾けるようになるのには?

楽にピアノが弾けるようになるにはどうすればいいのでしょうか?

「楽にピアノが弾けるようになるにはどうすればいいのでしょうか?」
このようなご質問をよく受けます。

「姿勢と力を抜く事」です。

特にピアノ初心者の方は猫背になりやすく、手首や掌に必要以上に力を入れてしまいます。

では、どのようにすれば、姿勢が良くなり、力を抜くことができるのでしょうか。

姿勢を良くする方法

意外と気にされない方が多いのが姿勢です。

猫背にならないように、と気をつけると反り腰になってしまいがちです。

私は「操り人形のように糸や紐で吊るされている感じで」と習いました。

早い話が背筋を伸ばす感覚ですね。

そして、方を後ろに引くような姿勢にすると、無理なく姿勢が良くなります。

 

力を抜く方法

力を抜くと言っても身体全ての力を抜いてしまっては、椅子に座っていられません。

では、何処の力を抜くのでしょうか?

一番抜いていただきたいところが肩になります。

肩に力を入れて上がってしまうと、首をすくめて猫背になりやすくなります。

一緒に腕も上がります。そして、腕のコントロールが効かなくなります。

そしてもう一つ、手首です。

一番自然な形は、だらりと肩から指にかけて力を抜いて、そのままの形で鍵盤に手を置いていただくと、手首の力が抜けた状態になります。

手首が下がらない状態、でもあります。

20年ほど前には脱力法がピアノ演奏に盛んに取り入れられた程です。それほど「力を抜く」のが大切なのがわかりますね。

アイキャッチの写真の状態が、綺麗な姿勢、手の形になります。

**************************************

大阪のワンランク上質な大人のピアノ教室
「クラヴィアシューレ」
個人レッスンでテータイムをお楽しみください。

♪WEBサイト:https://klavier-schule.com/
♪大阪市都島区友渕町1-6-4 大阪メトロ都島駅から徒歩10分(敷地内に駐車場有)
♪お問い合わせはこちら
♪営業時間:日・月・火・水・金・土10:00〜21:00
♪定休日:木・祝日

**************************************

 
 
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

最新の記事